イモリ幼生~幼体まとめ (①イモリベビー)

3年ほどイモリ親3匹を飼っておりまして。
雌2、雄1を一緒の水槽に入れてます。
まあいつかはと思っていたのですが。。。
この春めでたく産卵しました。
全然気付かなくて水槽の掃除のときにわ~っと水を流し始めて気がついて。
救出できたのが16匹。

s0160702IMGP5084.jpg

こんな感じでお弁当のケチャップとか入れそうなカップに分けて入れました。
メダカみたいですねえ。
これを幼生というらしいです。

s0160702IMGP5090.jpg

生まれてすぐはまだ何も食べないということで。
とりあえずホームセンターのペットコーナーへ。
お姉さんが「冷凍ブラインシュリンプで大丈夫ですよ~」・・・って教えてくれました。

s0160702IMGP3336.jpg

が。
活きてて動かないと食いつかない・・・という情報もあり。
ブラインシュリンプの卵というのを買ってきて孵化させてみました。
こまけ~@@
さすがに食いつきもよかったのですが。

s0160702IMGP5095.jpg

ブラインシュリンプは塩水の中じゃないと活きていられない。
他方イモリベビーたちは淡水です。
だからミジンコがいいんだって・・・。
というわけでペットボトルとピペットを持って近所の水たまりをめぐるという・・・。
ミジンコ狩り・・・怪しすぎる。
ついでにアカムシまで捕れたりして。

s0160702IMGP6471.jpg

毎朝せっせとイモリ容器の水替えをして。
せっせとミジンコを投入して。
100均の容器大活躍です。

s0160702IMGP5318.jpg

すくすくと育っていくベビーたち。
その間にもぼちぼちさらにイモリベビーが誕生して^^;
・・・何回産むんだろう。
結局27ベビーを保護しました。

s0160702IMGP3337.jpg

オスメス分けろよって話ですよね。
それと水草とか産卵しそうなものは入れないとか。
ともかくだんだんにベビーはしっかりしてきて模様まで見えてきて。
大きくなってきたのでミジンコをやめてアカムシだけ上げるようになりました。
みんなの分の赤虫を捕って来るのは大変なので冷凍アカムシというのをあげてみたところ。
結構皆食べてくれました・・・よかった。
特にゆらゆら動かさなくても普通に食べます。
アカムシは食べ物だってわかっていたからですかね。

s0160702IMGP2719.jpg

生れた時期によって大きさもいろいろです。
なるべく同じくらいの子をまとめるようにはしています。
2回目の産卵で生まれてきた子たちは最初から冷凍餌で育てることにしました。
何だ、全然大丈夫じゃん。
ホームセンターのお姉さんの言う通りだったよ。

s0160702IMGP2725.jpg

色の薄い子もいるんですよ。
雌が1匹薄い色なので、そのイモリの子なんでしょうかね。

s0160702IMGP2730.jpg

そしてだんだんえらが小さくなってきます。
もうすぐ上陸するんだね。

s0160702IMGP2729.jpg

ある朝1匹が容器の壁に登っていました。
こうなったらもうえらがないので水だけの容器に入れておくと溺れるんですって。
昔々初めてイモリを飼ったときにやらかしました。
朝起きて全滅していた時の悲しかったこと。
何か飼うときはちゃんとしっかり調べてからじゃないといけませんよね。

s0160702IMGP5336.jpg

そして順調にみんな上陸して。
一期生たちはみんな上陸しました。

s0160702IMGP3344.jpg

水の中で暮らしていた時より一回り小さくなりました。
これを幼体というらしいです。
さて・・・また餌のことです。
これがまた動くものじゃないと食べないという情報ありで。
上陸してすぐはやっぱり食べないらしいのですが。
しばらくたって冷凍赤虫をあげても逃げだすありさま。
ヨーロッパイエコオロギの一令がよいということで買ってあげてみました。
が・・・最初に買ったやつはうんと小さくて、たぶんイモリも食べてたと思うんだけど。

s0160702IMGP3345.jpg

次に買ったやつはなんだか大きくて。
イモリも見向きもしない。
ヨーロッパイエコオロギ・・・まだたくさんいるんだけどなあ。
なんか食べないんだよね。
・・・というかのんびり屋さんのイモリにはコオロギは捕まえられないのかもなあ。
コオロギ育ってさらに大きくなっちゃう><
お店によって「一令」「SS」「SSS」の大きさがよくわからなくて^^;
もちろん何ミリとか書いてあるんだけど。
来てみたらちょっと大きすぎたなあ・・・って。

s0160702IMGP3346.jpg

しょうがない・・・また狩りに行くか。
ということで今はアブラムシとダンゴムシの孵化したてのを狩っています。
ゴマ粒より小さいダンゴムシベビーを老眼鏡掛けてピンセットで狩るという・・・。
アブラムシは絵筆片手にコップに集めて。
これは庭で手に入るから怪しくても大丈夫・・・って何が大丈夫なんだか。

上陸したイモリはこんな水槽に入れています。
夜行性なので昼間は全然出て来なくてはっきり言って何を飼っているのかわからないほど。
もしかしてコオロギとダンゴムシとアブラムシを飼っているのかも?

s0160702IMGP3032.jpg

極小ダンゴムシを手に入れるためにダンゴムシ養殖中です。
草むしりをした草や剪定枝を日陰のコンクリートの上に放置。
屋根つきの場所だとなおよいかも。
ものすごい数のダンゴムシが生息してます。
そして産卵…したのね・・・・。


ふたは100均の鉢底ネットとらんランの支柱です。
イモリだけならこれで十分なんだけどね。
アブラムシは脱走するのでふたの下にエアコンフィルターとか洗濯ネットを1枚かませています。

ほんと100均って助かるわ。
100円ショップに行ってどうやって作ろうかなってあれこれ考えるのはすごく楽しいです。

s0160702IMGP5418.jpg

そんな感じの2ヶ月半です。
暑いのが苦手なようなので今日はエアコン部屋に入れています。
空と黄菜子のためにエアコンをつけ始めたからちょうどよいです。

またしばらくしたらまとめ報告しようと思います。
無事に暑さと餌事情を乗り切ってもらいたいものです。

PENTAX